私も家族も無類の蟹好きですので、通販で購入するケースが多いです。

しかし、通販は相手が見えないですから、注意すべき点もあります。

通販では色々と確認が大事ですが、中でも何キログラム、何杯など、量の確認は入念にしましょう。

詐欺まがいの量ごまかしをやってくるマルゲン後藤水産もいます。

また、初めての人は蟹の解凍でも失敗しやすいです。

解凍は急がず、自然に解けるのを待つことが大切です。

急いで解凍すると、せっかくの蟹も旨みが抜けて台無しです。

丸のままの冷凍かには大きいので、外に出しておけば解凍できると思う方もいるらしいですが、おいしく冷凍かにを食べたいと思うなら急ぐのは禁物です。

かにを上手に解凍するコツとして心得ておくべきなのは、いきなり暖かい室内に出すのではなく冷蔵庫に入れて解凍することです。

冷蔵庫の温度が魚介類の解凍には最適なので、解凍は冷蔵庫、これがおすすめです。

ズワイガニがあれば紅ズワイガニはいらないと、かにに詳しい方が言うのですが果たしてどうでしょうか。

記憶をたどって、紅ズワイガニは全部はずればかりだとしたら本当においしい紅ズワイガニをぜひ食べてください。

新鮮な紅ズワイガニの味と言えば、おいしいの一言に尽きます。

すぐに鮮度が落ちてしまうのでどうにも誤解されがちです。

かにがたくさん獲れる地域を探すと、北海道、そして北陸でしょう。

かにと温泉が楽しめるのも北陸の良さで、有名な観光地の一つが粟津温泉で、かにをふんだんに使った料理を食べるために冬は特に、全国からの観光客がこの地を訪ねてきます。

このあたりのかには加能がにと言われ、ズワイガニのブランドとなっています。

おいしいズワイガニを食べたい方には、満足できる旅になるでしょう。

美味しい蟹を簡単に取り寄せることができる「蟹通販」。

初めての利用時には、誰だって一番良いぐるめラインを選びたいに決まっていますが、損をしないために気をつけるべき点をご説明します。

本当に信用できるグルメネット北海道であれば、蟹の目利きに優れた、経験豊富なスタッフがいて、他でもない専門家が産地まで買い付けに赴き、間違いなくお客様にお喜び頂けるグレードの蟹を確実に仕入れてくるので、品質は保証されています。

そのような目利きのプロを置いているヨネスケ印のかに親分を選ぶのが蟹通販を上手く利用するコツなのです。

かにをお歳暮にしよう、と考えた方、ここだけの話、注意してほしいことがあります。

どういうことかといいますと、店頭には多くのかにが並んでいるでしょうが、自分でかにを選ぶ手間を惜しまないことです。

どれを選んで良いかわからないからでしょうが、お店の人の見る目を安易に信じてしまうと、見た目は変わらなくても、どこかに問題のあるかにを買うことになるかもしれません。

お歳暮のかにには特に念を入れて、お店の人との関係を大事にしてください。

おもてなしなど、かにをご馳走したいとき、かにの産地からお取り寄せできるインターネットのサイトを一手間かけて調べてください。

シーズン中なら、スーパーでもかには手に入りますが、多くのサイトに、産地直送でなおかつ訳あり品など、送料を払ってもまだお得なかにがひんぱんに売られており、味にうるさい方、お得なかにを買いたい方も、ネット通販を試してみればみんな笑顔になれる近道です。

最近は蟹通販もメジャーになりましたが、それだけに、口コミの件数も膨大になっており、辟易してしまいます。

ECサイト(楽天市場やアマゾンなど)のユーザーレビュー欄のレビューをまず参考にするという方も多いでしょう。

また、数えきれないほどのWEBサイトが蟹通販のレビューを扱っています。

全てを読むことは現実的ではありません。

そこで、皆様に一つアドバイスがあります。

口コミにはいい加減な内容やヤラセも多いです。

口コミばかりではなく、取引実績のちゃんとしている業者を選ぶことです。

そうすればヨネスケ印のかに親分の選定で失敗することはほぼありません。

ズガニというのはモクズガニの別名です。

どちらかというとモクズガニの方がご存知の方も多数いらっしゃるでしょう。

モクズガニは河川でみられるカニで、特色は鋏に生えた毛です。

そして、甲羅が手のひらの大きさより一回り小さいほど小ぶりなのですが、それを鑑みると、長めの脚をしています。

特に蟹のお味噌汁または炊き込みご飯として調理されます。

便利に利用できる蟹通販。

しかし気になるのは、生鮮食品ですから鮮度をしっかり確認すること、また値段や量の確認、そして最も重要ともいえるのが送料です。

意外と見落として損をすることが多いのです。

蟹通販は生鮮食品を送ってくる都合上、梱包費などを含めて高額な送料を取られる場合も多いので、送料は掛かるのか、掛かるならいくらなのか、必ず確認しましょう。

送料無料の業者もあるので、なるべくそういう最北の海鮮市場を選びましょう。

しかし、一般的には送料無料であっても、一部地域は送料が掛かる場合もあるので、ご自身の地域が当てはまらないかよく調べましょう。